女性ホルモン剤がバストアップに繋がることも!?

女性ホルモン剤でバストアップ効果に繋がることってあるの?バストアップ目的で使用したらダメ? - 女性ホルモン剤がバストアップに繋がることも!?

女性ホルモン剤がバストアップに繋がることも!?

ytjd
女性らしい膨らんだ丸い胸。胸を大きくしたいと悩んでいる人は、周りに言えないだけでかなりの数の人がいます。大きな胸の人にはわかりませんが、胸が小さいとことで悩むおはかなり辛いものです。洋服を着る時も本当は胸元が綺麗に開いた服が着たくても着れなかったり、水着を着るのが恥ずかしい、またた男性から女性として見てもらえないなどたくさんの悩みが起こるのです。
また最近では普通の女性だけではなく、こころと体の性が一致しない性同一性障害という方も多くいます。このような人も胸をもっと大きくしても外見を少しでも女性のように近づけたいと思っている人が多いです。
そんな胸にコンプレックスを持つ人の中で人気なのが、女性ホルモンの投与です。しかし女性ホルモンと言葉を聞いても一体どんなものか分かりませんよね?ここでは女性ホルモンの効果や効能などバストアップ都の関係を紹介していきます。

バストアップ目的で使用されるホルモン剤とは?

最近ではエストロモンというホルモン剤がバストアップをする目的でよく使われます。日本の病院ではプレマリンという処方名で投薬される薬です。このプレマリンのジェネリック薬品がエストロモンです。
婦人科でプレマリンが投薬される適応症状は、更年期障害や、不妊治療、膣炎、卵巣機能不全、子宮出血などが挙げられます。
このプレマリン(エストロモン)は卵胞ホルモン焼くと呼ばれる薬の1種で、女性らしい体つきになるために欠かせないホルモンを補うことができます。

本当に胸は大きくなるの?

このホルモン剤を使用することで胸がどれくらい大きくなるのかははっきり言って個人差が大きいです。しかしたとえ男性であっても胸が大きくなったり脂肪がつきやすくなったりするみたいです。ホルモン剤の効果は他のマッサージなどの方法に比べると大きいと言えるでしょう。
バストアップ以外にも、体のムダ毛が薄くなったり、肌色が明るくなったり、髪の毛がサラサラになる人が多いです。またある一部の人ですが乳首が痛く感じることもあるそうです。
つまり女性は女性らしい体つきになり、男性であっても男性の特徴の濃いすね毛やひげを抑え女性らしい外観につか付ける効果があるのです。

気になる副作用とは?

もちろんホルモン剤を使えばすべてが簡単に解決できるというわけではありません。やはり薬品なので副作用が出ることもあります。
多くの人が訴えるのが胸のハリ、吐き気や嘔吐、血栓症、そして不正出血、めまいなどの体調不良です。胸のハリは見た目バストアップしたかのように見えるので嬉しい副作用かもしれません。しかしそれ以外の副作用がひどい場合は医師への相談が必須です。それにこれらの副作用が不安に感じる人も服用前に医師に相談をしたほうがいいでしょう。

やはり胸が大きいとたくさんのメリットがある

外見では無く中身が大事だと思っていても、女性は自分の外見に自身が持てることで生活も楽しく感じます。胸の大きさは昔から女性の性の特徴でもあります。男性用のグラビアに登場している胸の大きな芸能人を見て羨ましいと思うことも少なくありませんよね。サプリやジエルそしてマッサージなど方法でバストアップももちろん可能ですが、一番早く確実な方法を探しているなら女性ホルモンを一度検討してみてはいかがでしょうか。しっかりとホルモン剤の知識をみにつけて副作用も理解して使用すれば、必要以上に怖がることはありません。大きな胸を手に入れて堂々と胸をはって歩きましょう!